トップ / 外壁塗装塗り替えの必要性

外壁塗装塗り替えの必要性

外壁塗装の効果とは

種類

外壁塗装は、定期的に

外壁塗装の防水効果が切れてくると、雨などが、下地のモルタルなどにしみこんで、家にダメージを与えてしまいます。そのため、6,7年から10年の間に塗り替えが必要とされています。もちろん、外壁に異常が現れた時は、すぐに業者さんに来てもらわないといけません。今では、防水効果だけでなく、遮熱効果があり、エアコンなどの使用電力を抑えることができる塗料などいろいろありますので、業者さんに、家の状態を見てもらってから、じっくり相談して、気に入った塗料を使って、塗り替えをしてもらいましょう。

地元の工務店に依頼するメリット

新築やリフォームなどの大工仕事は、大手のメーカーに依頼するのが一般的ですが、地元の工務店に発注することで大きなメリットが得られますのでおすすめです。料金については中間マージンを取らないために大手と比較するとリーズナブルであるという点、地元の企業であることからフットワークが軽く、何かが合った場合の対応をすぐに行ってもらえる点などが挙げられます。作業の丁寧な地元の工務店を探し、工事を依頼してみましょう。

↑PAGE TOP